迷惑メールに分類されないためには

件名や本文を工夫する

件名や本文を記入する事を忘れて大量のメールを送信してしまうと、迷惑メールと間違えられる可能性がありますから、件名などを書けているか確認する作業を行ってください。本文の最初が空白になっていると、本文が書かれているメールだと気づかれずに、迷惑メールとして扱われる場合もあります。メールを一目見た瞬間に本文が視界に入るように、テキストを掲載する位置を調整する事も重要です。HTML形式のメールにスクリプトを入れてしまうと、迷惑メールやウイルスとして扱われる事もあるので、スクリプトの使い方にも注意してください。

危険なスクリプトを使用しているWebサイトへのURLリンクを貼ってしまうと、迷惑メールとしてフィルタリングされる可能性もありますから、リンク先のURLのチェック作業を行う事を推奨します。

添付ファイルの扱いに気を付ける

宣伝のために大量の画像をメールに添付しようか迷っている時には、添付する画像ファイルのサイズが大きすぎると、迷惑メールとして扱われてメールを読んでもらえない可能性があるので、ファイルのサイズを調整してください。画像ファイルを添付する際には、ZIP形式などの書庫ファイルに圧縮した状態で送信すると、ファイルのサイズが肥大化しないように対処できます。EXEファイル形式に圧縮してしまうと、悪質なプログラムだと判定される事もあるので、圧縮方式にも気を付けてください。

添付する画像ファイルが大きすぎると、メールを受信する方々にも負担をかけてしまいますから、読みやすくて通信時の負担が少ないメールを書く事をおすすめします。

メール配信APIとは、異なるシステム同士を繋ぐAPI連携に特化したメール配信システムです。このシステムにより、大量のメールを同時配信することができます。