個人としてメール配信を利用するメリット

プライベートの情報を発信できる

メール配信を法人ではなく個人で利用するメリットは、プライベートの情報発信を行うのに便利なことです。メール配信のサービスは、個人が自分の考え方だったり、近況報告だったりなどプライベートの情報を伝える手段として最適です。ブログでも同じように情報を発信することはできますが、メール配信の方が掲載できる情報の量に限りがある分、まとまった内容で伝えることができます。また、プライベート用として友達や知り合いなど限られた範囲の中でしか利用しなければ、公にしている場合よりも情報が拡散してしまうリスクは低くなるので、気軽に発信できます。ただ、登録件数が増えるとそれだけ多くの人に情報を届けることになるので、発信する内容には注意が必要です。

限られた登録件数なら安い料金のコースで済ませられる

個人としてメール配信を利用することは、限られた登録件数になるので安い料金のコースで済ませられるメリットがあります。法人がビジネス目的でメール配信を行う場合、たくさんの人々に情報を届けた方が成果に繋がりやすいので、5千件や1万件など多くの登録件数のコースを利用するのが効果的です。ただ、登録件数が多くなると支払う月額料金の金額は高くなってしまいます。個人が数人や数十人、多くて数百人の範囲で情報を伝えるためにメール配信を利用するなら、法人の場合よりも少ない登録件数のコースで十分でしょう。そのため、かなり安い料金で利用を続けられることから敷居が低いので、気軽に始められる点もメリットの1つとなっています。