個人としてメール配信を利用するデメリット

開封されない可能性がある

メール配信サービスは、企業ばかりではなく、個人においてもアフィリエイトやメールマガジンの配信のために利用されることが増えてきています。そのようなメール配信のデメリットのひとつは、開封されない可能性があることです。または、迷惑メールとしてとらえられる可能性もあります。メールの配信先の人々は、ひとつだけしかメール配信のサービスを受けていないわけではありません。企業も個人も合わせて数多くのメールを一日に何通も受け取っていることがあり、重要度が低いと判断されて開封されないことや、迷惑メールと判断されることは珍しくありません。詐欺と疑われるようなタイトルを避けるなどといった工夫をしなければならず、個人では手が回らない可能性も高いです。

費用の負担が大きいこともある

メール配信のサービスは、一度に配信したい人々に一斉にメールを配信することができて、非常に便利なサービスではありますが、無料で利用できるわけではありません。企業で費用負担をするのではなく、個人で費用負担をするとなると、負担が大きすぎる可能性もあります。近年はメール配信よりもSNSを利用する人も多くいるため、メール配信サービスを十分活用することができないこともあり、読んでもらうために様々な工夫をしなければなりません。画像や動画をわかりやすく掲載したり、テンプレートを利用したりといったわかりやすいメール配信のためのサービスを利用するとなると、より高い費用が掛かることもあり、負担が大きいです。これが個人のメール配信のデメリットです。